イベント撮影

イベントを撮影させていただく際の私たちの役目はお客様のご依頼によって、大きく二つに分けられます。

一つはステージ上のパフォーマーのことを考えた撮影。もう一つは、イベントの内容、雰囲気を最大限引き出す為の撮影です。

前者において重要視することは、完成した映像を見る方の多くが実際にパフォーマンスしていた人と仮定し、どの場面においても全員が映り、パフォーマーが見て満足のいくように撮影、編集することです。

一方、後者においては、完成した映像を見る方はそのイベントをまだ鑑賞していない人やと仮定します。そこで私たちはイベント、作品の流れや勢い、演者さんの輝く場面をしっかりと映し出す事で、現場で見ていなかった人にも作品を感じていただき、現場の熱を伝えます。

もちろんこれらは前者の場合においても意識する事ですが、あくまでも前者はパフォーマーの方のことを考えた映像をお作りいたします。

ダイジェスト映像制作

ダイジェスト映像の制作も承っております。私たちの考えるダイジェストの意義は、ダイジェスト映像を通してイベントの熱を伝える事にあります。

ただイベントを撮影し編集しまとめたものと聞くと響きは簡単ですが、実際はとても難しいのです。出演者さんお客さんの目線から見て当時の空気、様子を思い出していただける様な場面を撮影し、編集いたします。

そして根底にあるのは、イベントの内容を汲み取り映し出し、そのイベントがあったからこそこういう空気が生まれたのだ、ということを伝えなくてはならないという考えです。また、ダイジェストによって短時間の映像でイベントの雰囲気、流れ、その場の温度をその場にいなかった方も感じることができます。

お客さんがイベントや作品を観に来る決断をされる際の指標として、ダイジェスト映像をご覧になる場合もあるかと思います。その方たちにダイジェスト動画を通してイベントを体験していただく事で次回のイベントに対しての興味や関心をより深めていただけます。

1、お客様からいただいたお問合せを元に打ち合わせを行います。メール、電話または直接お会いしての打ち合わせを行うことが可能です。

2、打ち合わせにおいて決める事は、イベントを映像にする上での目的が主となります。例えば映像をご覧になる人は誰なのか、撮影、編集する上で焦点を置くべきもの等です。また、お客様が映像を通して見せたいもの、伝えたい事をお教えいただけると幸いです。細かい事ですと、どの位置から撮影することが可能か、希望のカメラアングル等々あります。

3、撮影当日は本番前のゲネやリハーサルにて打ち合わせで決めた事項の確認と共に、カメラ位置の調整、見せ場、演出の確認を行います。それらの点を押さえた上で撮影いたします。

4、撮影した映像を編集し仕上げる際には随時パートごとや要所ごとに編集が終わった映像をお送りしますので、ご確認していただくことが可能です。その際に修正点等ありましたら改めて編集いたします。全ての編集がお客様によるご確認後完了次第、DVD、Blu-ray制作へと移ります(映像データのみをご希望の場合この時点で納品となります)。完成したDVDまたはBlu-rayをお客様の元に希望枚数お送り次第納品となります。

イベント 撮影 制作の流れ

制作内容:イベント撮影+DVD制作    料金は内容により変動いたしますのでお問い合わせください!       

     イベント撮影+Blu-ray制作

     ダイジェスト映像制作    

     映像データのみ 編集有り/無し 

※ 制作料金は、打ち合わせから、撮影、編集、そして納品までの全工程を含みます。追加で料金を請求する事はございません。

※ イベント撮影におけるカメラ台数(アングル数)は四つとなります。追加の場合は別途料金がかかります。

※ ご相談や打ち合わせの回数に制限はありませんのでご安心ください。

※ 交通費は別途にて請求させていただきます。

※ ご相談、打ち合わせに関しましては料金は発生いたしません。お気軽にお問い合せください。

PAGE TOP